出だし

今のぼくが未来と過去にあてた手紙。。

今まではどれか1つに絞ってたけど、、

そうじゃなくて、両輪でいきたい。。

 

で、余ったものをおすそわけすることで

恩返しをしながら、生きてきたい・・

 

言葉として、、話したいのかな??

話もしたいな。。

 

とりあえず、今を生きてるぼくが

未来か過去のぼく、、どっちかにあてた手紙を

愛情をもって書いてきたい。。

 

なぜそれがしたいか??

今までぼくはぼくを愛することができなくて、、

ぼくが好きな人がぼくを好きになることで、

ぼくはぼくをすきになることができたけど、、

ぼくはぼくを愛したことが ないように想う。。

 

きっとこれは今まで誰にも愛されたことがないとか

そういうんじゃなくて、ぼくが誰も愛したことが

ないからだ。。きっと、

 

だから、じぶんの愛し方もわからないし、

愛する人も出来ないんじゃないかと、、

愛される、、という意味でも。。

 

ぼくは人を愛したいし、、愛されたい。。

 

やっとその事に気づいた。。つい今さっき。

すごく長い遠回りをしたけど、、ここに来れてよかった。

 

ぼくはひとがあまり好きじゃないと感じてたけど、、

ある意味ではそういうところもあるけど、

思い込もうとしてるとこもたくさんあったんだろうなあ

 

愛の器は今の先にある

ぼくはこれまでの人生の半分くらいの時間を

思い通りにならず、選ばされていると感じて生きてきた、、

でも実際はそんなことなくて、

それを無くしてみて、かんじるんだけど、

何か欠けてるような、、

 

過去のぼくが選んだのが「いま」のぼくで

いまのぼくの選択肢の先にいるのが、「みらい」のぼく・・

 

そんなあたりまえのことを考えてた深夜2時。。

とんでもないことに気づいてしまった、、

 

ぼくは過去のぼくも、みらいのぼくも、、

そして当然のように今のぼくも愛してはいなかった、、

 

好きではあるんだよ、、やっと好きになれた。

つい最近、、でもその瞬間なにか物足りなくなって、、

生きるのが億劫で、気怠い落とし穴に落ちてた、、気づいたら、、

 

前にもあった、、こういうの。

その当時は愛の意味なんてわからんくて、、

今もわからんけど、、それを知りたいなあ、、と強烈に。

 

ぼくは愛したいし、愛されたい。。ひとから。

これって人のことが好きなんじゃないかな??

好きだから、嫌われるまえに嫌いになるっていうアレに似てる、、

小学生の男子がカワイイ女の子によくやるやつ。。

 

たださっきもいったんだけど、

ぼくはぼくを愛してない、、

 

愛の意味も、、愛と好きのちがいも、、

そもそも愛したいとも思わなかった、、

 

ただ今は自分を心から愛したい、、

 

なんでだろう??

1つは自分を愛してる人じゃないと、

誰からも愛されないから、、

 

もし愛されたとしても、

その愛を受け取れない、、

重いとか、怖いとか、、

いならい、、とか言って、、

 

なんかそんな感じがするし、、

今まではそうしてきた。。

 

たぶん、好きって感覚は

誰かが運んできてくれたり、

好きな子と出会うことで生まれるんだろうけど、、

愛に関しては、自分から近づいて歩み寄ろうとしないと

いつまでもその先へは踏み込めないんだろう、、

 

だからぼくは愛がなにか??までなかなか踏み込めないし、

近づいてきたら、それを手に入れたあとになくなるのが

こわいから、無くなる心配ができる前に撥ね付けてしまう。。

 

きっとそれは、自分がじぶんを愛してないから、、

愛されるに足るじぶんだと感じてないから、

まず無くなることを考えるし、そもそも受け取れない、、

 

たぶん、今まで分岐点はたくさんあった、、

でもそれを見過ごしてきたし、気づかないフリを突き通してきた。。

 

落とし穴って気付いたら、落ちてるよね??

今のぼくは半分くらいは、

自分で選んでやってきたけど、

半分は選ばされた、、と感じて生きていた、、

 

早い話「こんなはずじゃなかった」って

よく聞くアレだ。。

 

ぼくはそのよく聞くアレを

思い込めば、思い込むほど、、

言えば、言うほど不幸になった。。

 

「こんなはずじゃなかった」は

過去や今や未来の「じぶん」を否定して、

おまけに自分以外の人や出来事に責任を

押し付けるわけだから、同じような人しか、

まわりにいないわけで、幸福とは程遠いよね、、

 

それはアレなんだろうな、、

「こんなはずじゃなかった」ってのは

過去の自分を否定してるわけで、

過去の積み重ねが「いま」なわけで、、

 

同時に「こんなはずじゃなかった」は

「いま」も否定してるわけで、、

「いま」の先に「みらい」の

じぶんがいることを考えると、、

 

結果「みらいのじぶん」が

「こんなはずじゃなかった」を

想ったり、言ったりしてるんだよね。

きっと、、そういうひとは、いつまでも。。

 

ようは「人のせい」にした

報いが何倍にもなって、

帰ってくることを実感した25年だった、、

 

 

でもこの若さで、それに気づけて心からよかった、、

 

ぼくはこの循環にそろそろ飽きたので、

次は自分を愛することで、人を愛せるような人になりたい、、

で、できればその愛が返ってくる「愛されるような人」になりたい。。

 

そうなるためには、愛を受け取れるようになる必要があって、、

でも今のぼくは過去にも、未来にも想うところがたくさんあるわけで、、

だから、そのわだかまりを手紙として書くことで、

1つ1つ解きほぐして生きたい、、

 

こんなはずじゃなかった、、と思い込んでる部分を

こうだから、こんな学びがあったとか、これをぼくは

選んだんじゃないか??などなど。。

 

そういうのを解きほぐして、「何かのせい」にしてたものを

この経験の「おかげ」と変換することが出来たら、、

ぼくは「いま」に責任をもって生きてけると想う。。

 

「いま」に全自己責任をもてるような人は

素敵な「みらい」を迎えに行けると想うし、

そのみらいが素敵なぶんだけ「じぶん」を愛せると思う。。

 

だからぼくは過去とみらいのぼくに手紙をかきたい、、

本来ひとはひとを、、じぶんはじぶんを愛せるはずだ、、と

想ってて、そうできないのは、そうできない原因があるだけで、

それを見つけて、ときほぐして、「おかげ」にすれば、

なんか全部うまくいって、愛に近づける、、はず。

 

まあ、そんな仮説をもとにこのサイトは運営してく、、

ちなみにこの仮説の根拠はなんとなくの経験と観た感じ。。

 

でもたぶん合ってる、、

ひとはひとを愛せるし、ぼくはぼくを愛せる、、

そうじゃないのは、そうじゃない原因があるだけで、、、

それと向き合って、解決してくだけで、人生は良くなる。。

 

ちなみにのついでに運営理由は、

ぼくが愛に近づいてく過程を感じてもらうことで、

なんかいい感じの相乗効果が生まれればいいな、、と。

 

あとぼくが幸福になった将来に

その過程を表現化して体系化したのちに、

それを求めてる人たちと共有したいなあ、、と。

 

だから今のうちに言語化して、

腑に落とすと同時にその過程を感覚として

残すことで、資料的な、、その段階に応じた

記録的なものになったら、最高だなあ、、