ぼくは恋愛が未経験だ、、
いや正確にいうと経験はあるんだけど、ほとんどない。

そんなぼくが批判されることを承知で、、、いやまあ批判はされたくないんだけど、最幸の恋愛をする方法を考えてみた。

これはまだ仮説の段階で、ぼくの中では確実に成功するんだけど、まあそんなことを押し付けてもあれなんで、読み物として読んでもらえれば。

ぼくも恋愛したいわけですよ。。正直なところは。(なれないことを言ったから、敬語になった。これ普段から言ったり、想ったりしとこ)

んで、するなら最終的には幸せになりたいんだよね。当然にように、、当たり前のように。

ここも仮説だけど、ぼくが好きなタイプは常々変わるけど、ぼくが幸福になれる人ってもう決まってるような気がするんだよね。。

いわゆる運命のひとはその時々の運命によって変わるわけで、一生を通じたら、その人の運命分の人数になるわけで、、

でもぼくがほしいのはたった1つの感動というか、お互いがお互いの生まれた意味を理解し合って、共有して、紐づけあうような、最幸で最上の相手と一生を添い遂げたいから、、つまりは宿命の相手。その1人を求めてるわけで、まあただしあわせを受け取って、共有したり、循環したりしながら、最幸にしあわせになれたらいいな、、ということが言いたかった。。お互いに。

ただ運命の相手がどうかを選ぶ基準はぼくの直感がいいと想ってて、でも運命か宿命か
それ以外かを判断するのはむずかしいから、自分がすきな相手と結ばれるイメージをしといたほうがいいとおもう。。

しあわせを受け取れるにも器があって、そもそも望まなきゃ、その現実は現実にならなくて、本気で望んで、行動に移したことで、その望みが現実になってくの。ひとつひとつ、、中学のときの初恋もそうだったから。

おれはすごいカワイイ女の子を好きになって、その女の子もなぜかおれのことをすきになる・・

ここで重要なのは、両思いになるということよりも、なぜおれをすきになるのか、自分もまわりもわからないことだった。。

で、それが現実におこったの。当時のおれはいじめから開放されて一年たったばかりだから、顔がすごい不満気で、負のオーラを纏ってて、早い話がブサイクだった。

わかりやすくいうと、のび太が不細工になって、目に見えた負のオーラが追加された感じ。。

少なくても、ぼくが中2の女子だったら、好きにならない人選だ。顔も性格もオーラも可愛いならなおさらね・・余談だが、この女の子は広瀬すずに似てた。顔や雰囲気が。

でもなぜかその子はぼくを好きになってくれた。。現実とはわからないもので、おもしろくて自分が思ったとおりになる。。

そのうちまわりはなぜあの子があいつを好きなのかはわからないけど、でもその事実はなんとなくわかった、みたいな感じになってて、、最初はどうせ遊ばれてんでしょ??そんなのもわかんないの??っていわれたけど、ぼくとその子が二人だけのセカイみたいのを創ってくうちにそういうのは消えてった。。

たぶん自分と不釣合いと思う相手と結ばれるのを望むのは、とても怖くて、躊躇するんだろけど、現実ってのは、本気で望むことから始まるわけで、始まってから、常々現れてくる壁を超えてったらいいと思う。。それを超えた先にはすごい感動が待ってて、その子から想いみたいなものを返されるとめちゃめちゃ嬉しくて、こちらも受け取ったものを何倍にしても返すわけで、そこで循環が生まれて、すごくいい関係を築けるわけだ。。

ただここで重要なのは2つあって、これを無視したら、何にもならないし、たぶんどこにも成就しないというか、、まあ早い話相手が変わるだけで同じとこをぐるぐるすることになるだろう。。

それはなんだかわかるかな??
ほかのひとはどんなことを考えてんだろ。。
ただぼくも発展途上のわけで、もっといいのがあるのかも??とかこういうのは増やしたほうがいいのかな??それともシンプルイズザ・ベスト??みたいに迷うことがあって、、てか正直いうと一昨日まで2つのうちの1つを忘れてて、考えれば考える程大事なので、それを思い出して、腑に落とすために書いてる、、実を言うと・・笑

だから、書く。
おれよりも経験ない人、、心して読むように。。
おれより経験のあるひと、暖かい目で見守っていただければ、今後も伸びてきます。。

では、ひとつめ。。
それは想いが循環するように、、ようは一方通行にならないようにしよう!!ってこと。。

これ、、多いんだよね。モテない人ほど退屈させないないようにしよう。。みたいな感じでひたすら退屈なご自身のお話を一方的に聞かせちゃうパターン。

まあ、ただ単に緊張しちゃってるだけかもだけど、そこは相手も楽しませよう・・みたいな余裕や気遣いが必要になってくるわけで、、ここでいう循環は会話のことを中心に書いてるけど、会話や想いみたいなものだけじゃなく、関係性とかいろんなものを循環さしたら、うまく行きやすくなるよ、、てこと。少なくても、一方通行のときよりは。
その循環が生まれたら、自然と女の子といる時間も増えて、その循環が回り回って、ようは経験値が増えて、別の相手かもだけど、恋は走りだす。。少なくてもぼくは走れた。

まあ、これはいける!!みたいに想えるまでイメージして疑似体験して、体験したら、いつの間にかできてるよ。。たぶん何でもそう。。だからぼくもこれからはイメージを大切にしつつ、体験をとりにいこう。。あれですね、、自分ごとの話をしてました。。

では本筋へ。

もう2つ目へいっていいかな??
いいよね・・

では2つ目。
2つ目はただ受け取るってこと。。
これ、さっき書いた大まかなあらすじのとこに「こちらも受け取ったものを何倍にしても返すわけで」ってのがあっただけど、ここが最も大事で、受け取れなかったら、そもそも始まらないんだよね。。

でもこのしあわせを受け取れるのって、基本的には自分の器の範囲内というか、想定してるものしか受け付けられないから、ようは望んでないと潜在意識にいる自分が「今」を変えないようにそんなにうまい話があるわけないとかいって、その選択肢をはじくんだよね、、

「今」が変わるのは脳にとって、負担でリスキーだから、やっぱりその器というか、それを望むことから始まるんだよなあ、、きっと。

で、ぼくもそのときのことを思い出すときっかけを創ったのは確かにぼくの方からだけど、かえって来たものが意想外に巨大で、でもそれを全部(必要な限り)を受け取れたのは、ぼくがそれを手に入れられると想ってのと同時にそれに飢えてたから、与えられた想いみたいなのをただ受け取れたし、そのエネルギーを(出来たときは何倍にもして)返すことができて、そこで循環が生まれたんだろうな、、

ただそのときもひたすらイメージをしてたから、しあわせを受け取るためには、海のようにしあわせを受け取るイメージを重ねていくことで現実になるんだろう。。

イメージを重ねたものは、意想外に巨大ですごい感じで返ってくるから、おれにとってのイメージはとても大切で、おもしろいな。

これ最近できてなかったかもと想ってたけど、ある意味ではそうかもだけど、たぶん次のセカイにいったのかも、、なんかあのころと観てるセカイがちがう、、当然か。あれから13年だもんな、、宇宙のような最幸を受け取って、循環できるように、空、海とまずは海のようなひろさや深さ。雨でかさが増しても循環が生まれるような器を手に入れたいな。。

で、冒頭の宿命の相手を見つける方法だけど、、理想の相手、ぼくの場合は女優さんといかアニメのヒロインとかになるんだけど、そういういい感じだなと想える相手+ここが大事なんだけど、行ける!!と想える対象や感じになるまでひたすらすり合わせたり、妄想を続けるとぼくの場合はうまくいって(だからぼくと似たタイプのひとは参考になるかも)だからぼくは素敵だと想った方々とそういういい感じのイメージをひたすらすることで、自然と自分の理想を超えた人とを引き寄せて、すごいものをくれて、たぶんぼくもその人にとってはすごい何かを返せて、そこで循環が生まれて、、みたいなのが観えてるから、ぼくは運命のひとを経て、宿命の相手を自然と出会って、宇宙のように最幸のしあわせをうけとれるんじゃないかなあ〜などと本気で想ったので、ここに書き綴ってみた。。

長文を読んでくれてありがと