僕は中途半端だ。。何に対してもそう。

手をあげるのは、得意だけど、途中で嫌になって投げてしまう。。投げる時は、何が嫌でどうしたら続けられかを考えてこなかった。。もうやめるのが、僕の中で確定してたんだ、、今までは。

だから何を始めるにしてもやめることを前提にして、ものを始めてた気がする、、いつからだろう、、何でだろう、、

昨日から、これを考えてて、書き始めた時は転校が原因で幸せから一転して、僕の中では不幸になったから、それを機に楽しいを全うできなかった、、

それがトラウマで途中でやめちゃう癖がついたと思ってたんだけど、、

ここまでだと、完璧に人のせい、、というか、僕の弱さには目を向けてないで、無視してる感じになるんだけど、問題はここからで、その転校したことを今までは恨んできて【これがそもそもよくなくて、そのマイナスの感情は周りの人に伝染するから、結局は自分に帰ってきて、不幸になる】だから転校しなかった未来を真剣に考えたことがなかったんだえよね、、一度も。

たらればを繰り返してきたおれには珍しいことだし、意識的にはそんんことしても意味がないとわかりきった感じにしてたけど、本質的にみると「今」と比べて、「もしも」の方が幸せなことを痛感するのが、耐えられなかったんだと思う。。きっとそう。

でも最近はやっと「今」の方が幸せになりだして、未来に近づくに従って、この差を開いていく、開かせていくと思えたから、その事実を認識して、そのたらればと向き合うことができたし、もっと深掘りしてきたい、、

結局は自分自身の問題で、自分の世界は自分次第でどうとでもなる。。

ただこれを書いてる時に、そもそもたらればをすることが無意味なんじゃね??と思って、これはその事実と向き合うことを真剣に嫌がってるのか、、事実そうなのか。

まあ、考えてはみるんだけどね、、どんな形にせよ、今まで逃げてきて、言い訳してきたものを真剣に考えれれる機会をもらったんだから、、

そこを真剣に考えて、整理できたら、文字にしてきたい、、

でも、これを考えたのは昨日の寝る前で、そんときのおれは結構いっぱい一杯だったから、ようは疲れてる時に考える時にまともな案なんか出るわけなくて、、

で、朝、起きてリセットしていろいろ考えてたら、おれ小さい頃から、いろんなことから逃げてきて、、飽き性というよりは、途中から急に嫌になるんだよね、

なんなんだろう、、これ、、

これはぼくの本質的に向き合いたいもので、弱みとも言えて、、でも強みにもなるのかもしれなくて、、

フールズ【ぼくが入ってるコミニティー】で学んだことは、弱みの反転は強みで、強みは弱みにもなる。。ということ、、

いいことばかりでも、悪いことばかりでもなく、、どこをどう見るか??によって、景色も世界も現れてくる現実もいくらでも変わってくる、、

自分次第、、希望と残酷と現実を含んだ言葉。。今はそう思うけど、いつかいろいろ踏まえた上で、希望の面をクローズアップして観れる自分になりたい、、

自分次第で、自分も現実も世界もいくらでも変えられるんだ、、と。

ああ、で、本質的に弱みとどう向き合うか??これについても私見を述べてみる。。

例えば、忘れやすい人がいるとする、、それは記憶障害レベルで約束したことはいろいろくいちがうし、人に興味がないから、個別対応も難しい、、

早い話、近くにいる人を大切にできない人は、その人の「近く」に行ったら、みんな離れちゃうんだ。。

ぼくにも似たようなところがあるから、自分ごととして書いてるぼくがいるんだけど、、てんかんやし。

ただこれも一人じゃできないことを思って、できてる現状に感謝して、それを伝えれば、よくて、記憶障害のことも自分がそうだと自覚して、自分がその分周りに負担をかけてるかもしれい、、そう思って、伝える。

書いてて思ったけど、感謝を伝えるって、とても大事だね。

最近のぼくはいろんなミスを犯して、大切なもんをいろいろ逃してしまったけど、そこから見えたものもあって、、それはぼくは爪が甘い、、最後までできない、、途中で投げちゃう。

それがあるから、うまくいかないわけで、その中でもすごくうまくいってたものもあって、、その時は自然とどうやれば、もっとうまくいくか??を考えながらやるから、楽しく、、

でもうまくいってた時も、一回の落とし穴や壁で立ち止まると、そこから動けなくなって、下を向いてしまう、、そんなことが何回もあった。

こうやって書いててわかったけど、原因はおれが弱いからだな。。

弱いってのも抽象的で、どこが原因かというと、壁にぶちあった時の痛みや、穴に落ちた時の痛みがトラウマになって、それを思い出すたびに痛くて、その痛みが失敗で、その失敗を失敗のままに終わらせてきたから、同じことを繰り返してる。

そんなおれでも人間関係だけは、痛みや失敗で一回、立ち止まったけど、また歩けたという自負があって、この01を越えれば、また同じような困難がきた時には対処できたけど、新たな01で立ち止まってたから、、今までのおれは自分の狭い安定圏内で、安住したかったんだな、、

困難や苦しいこと、痛いことをこの目で見て、自分の世界や器を広げるよりも、傷つかず、傍観者のように安定圏内で、誰かの「エンタメ」を見てる方に「生」を感じてしまったんだ。。

ああ、、、辛いな、、これ結構。

自分が良くなる本質的な弱みと向き合うのは、、辛いんだな。

でもこの辛さを辛いまま終わらせたくなくて、、行動に反映させるには??どんな行動に反映させればいいのか??

これ昨日読んだ本にヒントが書いてあって、嬉しいと思えば、嬉しくなるし、楽しいと思えば、楽しくなる。。

そして、そのウキウキは伝染する。。

確かに過去の僕がうまくいってた時は楽しんでたし、その先に夢中があった。

この夢中って漢字を見てて、思ったんだけど、夢の中って書くんだね。。

それはうまくいくよ、、夢の中に行けるほど、没頭できるから、常に直感を従えて、行動できるわけで、人は直感通りに行動へ移せれば、全部うまくいくからなあ、、

これはあくまでぼくの考えや尊敬する人の意見を参考にして思うことなんだけど、何よりもぼくの体感として、直感で、これをやろうと思ったことを行動に移せれば、気持ちがいいからね、、反対にそれができないとキツイ思いと現実で帰ってくる。。

過去を見てみても、うまくいってた時は、直感が働いて、できうる限りそれを大切にしたし、逆に直感をないがしろにしたのをきっかけに全部が少しづつうまくいかなくなったから、、

人間関係もそうだったな、、最初は痛くて、挫けそうだったけど、徐々に楽しくなってきて、どうすれば良くなるか??を考えて、、

ぼくがうまくいくには、楽しい、夢中、直感。

本当はもっともっとも入れたかったんだけど、ぼくの言語じゃないし、3つ以上入れるとパンクするし、、

これを読んでる人も何か参考になるところがあるなら、持ち帰ってもいいよ